あいき不動産鑑定・コンサルティング事業部, マンション, 不動産鑑定, 不動産鑑定(その他), 不動産鑑定士タケさんの事件簿, 中古住宅・既存住宅評価, 事故物件, 建物鑑定, 特殊不動産, 相続・遺産分割, 裁判、調停

事故物件の不動産鑑定

背筋がちょっと寒くなる鑑定依頼がありました。失火で住人が焼死したマンション一室の鑑定です。 皆さんはこちらのサイトをご存じですか。こちら 最近はかなり有名になっているサイトです。運営者は別に会社を経営されていて、このサイ… もっと読む 事故物件の不動産鑑定

Share Button
不動産鑑定士タケさんの事件簿, 店舗, 裁判、調停, 賃料・地代・家賃

賃料鑑定の憂うべき実態

最近何千㎡もの大型店舗の賃料鑑定のご相談が訴訟目的で続けてあり、それに付随して、相手方、そして裁判所の指定鑑定人の鑑定書を精査する機会があり、大変残念に思っていることがあります。 それは、新規賃料の試算において本来、積算… もっと読む 賃料鑑定の憂うべき実態

Share Button
不動産鑑定, 収益物件, 店舗, 特殊不動産, 裁判、調停, 賃料・地代・家賃

設備一式を賃借人に譲渡した物件の賃料鑑定

大型店舗について給排水・電気・ボイラー等設備一式を賃借人に譲渡している場合の賃料への影響が論点となる鑑定依頼が結構あります。 新規賃料を求める場合については次の様に考えられます。積算賃料につきましては、基礎価格から設備費… もっと読む 設備一式を賃借人に譲渡した物件の賃料鑑定

Share Button
不動産鑑定, 店舗, 裁判、調停, 賃料・地代・家賃

大型店舗の賃料鑑定 規模補正について

土地の場合、大規模地になると、単価ベースで見て規模減価が通常必要となります。大型店舗は標準的規模の店舗に対して規模格差があるのか、あるとしたらどの位になるのかについて少し前に調査しました。県内全域から1000㎡以上の店舗… もっと読む 大型店舗の賃料鑑定 規模補正について

Share Button
不動産鑑定, 裁判、調停, 賃料・地代・家賃

裁判所での賃料増減請求の争い方(不動産鑑定士の立場から)

ここのところ賃料増減請求のご相談が続いています。今は増額と増減の請求が入り混じる経済状況のようです。 さて、賃料増減請求の調停や訴訟で争う場合、弁護士さんと不動産鑑定士の協力が不可欠です。 賃料増減請求が認められるには①… もっと読む 裁判所での賃料増減請求の争い方(不動産鑑定士の立場から)

Share Button
あいき不動産鑑定・コンサルティング事業部, 不動産鑑定, 不動産鑑定士タケさんの事件簿, 共有物分割, 裁判、調停

共有持分の鑑定

先日、弁護士さんから共有物分割調停の資料にするということで鑑定依頼がありました。共有物分割訴訟において、裁判所から鑑定依頼を受けることもあります。また、共有持分を親属である共有者間で売買する場合に適正価格の鑑定をして下さ… もっと読む 共有持分の鑑定

Share Button
あいき不動産鑑定・コンサルティング事業部, 不動産鑑定士タケさんの事件簿, 事故物件, 裁判、調停

法廷での鑑定人尋問 「事故物件の鑑定」

先日、裁判所で鑑定人尋問を受けました。 尋問というと、なにやら訴追されたのではないかと思われるかもしれませんが、ちょっと違います。 裁判所からの不動産鑑定依頼です。 事件の内容は次の通りです。 「隣人間でかねてから折り合… もっと読む 法廷での鑑定人尋問 「事故物件の鑑定」

Share Button
不動産鑑定, 中古住宅・既存住宅評価, 共有物分割, 建物鑑定, 裁判、調停, 離婚財産分与

離婚による財産分与 住宅の代償金分割

最近離婚にあたっての住宅分割の相談が続いています。 「離婚をするにあたって、夫婦の財産である住宅の分割を行います。住宅は自分が取得したいので、離婚相手に代償金の支払を考えています。つきましては、代償金を算定するための適切… もっと読む 離婚による財産分与 住宅の代償金分割

Share Button
マンション, 不動産鑑定, 中古住宅・既存住宅評価, 共有物分割, 売買, 建物鑑定, 役員・同族・親族・関係会社, 相続, 相続・遺産分割, 裁判、調停, 離婚財産分与

中古・既存住宅 の 鑑定

中古住宅の価格はどのように決まるのでしょうか? 住宅は、土地と建物から成っていますので、住宅地の価格と土地上の建物価格が合わさって住宅の価格となっています。 まず、住宅地の価格はどうやって決まるのでしょうか? これは多く… もっと読む 中古・既存住宅 の 鑑定

Share Button
不動産鑑定, 不動産鑑定士タケさんの事件簿, 立退料, 裁判、調停

建物取り壊しの合理性と 立退料の鑑定

 春に近づくと多くの企業は決算の準備に入ります。 弊社も年明けから春に向かって民間からの鑑定依頼が集中し、フル回転で対応するようになります。さて、先日ある法人さんからお電話がありました。地元で堅実に成長する福祉系の法人さ… もっと読む 建物取り壊しの合理性と 立退料の鑑定

Share Button