あいき不動産鑑定・コンサルティング事業部, 不動産鑑定, 不動産鑑定士タケさんの事件簿, 借地権・底地, 収益物件, 建物鑑定, 役員・同族・親族・関係会社, 時価鑑定, 病院・老人施設

役員、法人間等 収益物件の土地だけ売買 鑑定

土地建物の両方を法人又は役員が所有、そのうち土地のみを役員個人又は法人が取得して、土地と建物の所有者が異なる状態となる売買を行う場合についてです。   この場合、土地譲渡後、土地と建物の所有者が異なることになるので、土地… もっと読む 役員、法人間等 収益物件の土地だけ売買 鑑定

Share Button
不動産鑑定, 建物鑑定, 裁判、調停

建物設備の修繕と更新  建物価格への影響

先日ある事業施設裁判の鑑定で、私は被告方から依頼をうけ鑑定書を書きました。原告からも鑑定書が出ており、決着をつけるために裁判所も第三者の鑑定士から鑑定書をとることになりました。 その裁判所からの鑑定書の中で、築30年以上… もっと読む 建物設備の修繕と更新  建物価格への影響

Share Button
あいき不動産鑑定・コンサルティング事業部, セミナー, セミナー勉強会, 不動産鑑定, 中古住宅・既存住宅評価, 建物鑑定

変化する中古住宅流通の仕組みと課題

○宅建業法の改正   宅建業法が平成30年4月1日から改正されます。既存住宅(中古住宅)取引に際して、宅建業者は売主・買主の意向に応じて建物状況調査(インスペクション)業者を斡旋し、買主に対して重要事項説明時に… もっと読む 変化する中古住宅流通の仕組みと課題

Share Button
あいき不動産鑑定・コンサルティング事業部, マンション, 不動産鑑定, 不動産鑑定(その他), 不動産鑑定士タケさんの事件簿, 中古住宅・既存住宅評価, 事故物件, 建物鑑定, 特殊不動産, 相続・遺産分割, 裁判、調停

事故物件の不動産鑑定

背筋がちょっと寒くなる鑑定依頼がありました。失火で住人が焼死したマンション一室の鑑定です。 皆さんはこちらのサイトをご存じですか。こちら 最近はかなり有名になっているサイトです。運営者は別に会社を経営されていて、このサイ… もっと読む 事故物件の不動産鑑定

Share Button
不動産鑑定, 収益物件, 建物鑑定, 役員・同族・親族・関係会社, 相続・遺産分割

建物の同族法人への移転 節税目的 鑑定

世界における 日本の法人実効税率はアメリカ40.75%に次いで第2位(平成26年度34.62%)です。中国は25.00%、韓国は24.20%、シンガポールは17.00%。このように他のアジア地域より遙かに高く、財界からは… もっと読む 建物の同族法人への移転 節税目的 鑑定

Share Button
あいき不動産鑑定・コンサルティング事業部, 不動産鑑定, 中古住宅・既存住宅評価, 建物鑑定

住宅を将来をどうしますか?

Dジヤーナル連載記事8月号です。   住宅鑑定について詳しくはこちら 

Share Button
不動産鑑定, 中古住宅・既存住宅評価, 実務修習生, 建物鑑定, 相続・遺産分割

道路条件不良 山手の住宅地 鑑定

先月1日、2015年1月1日の相続税路線価が発表されました。 兵庫県内の最高価格は「三宮センター街」で、 2年連続の上昇、前年比は+8万円でした。 また、県内の最高上昇率は「芦屋市船戸町」で、 +5.2%でした。 不動産… もっと読む 道路条件不良 山手の住宅地 鑑定

Share Button
不動産鑑定, 中古住宅・既存住宅評価, 共有物分割, 建物鑑定, 裁判、調停, 離婚財産分与

離婚による財産分与 住宅の代償金分割

最近離婚にあたっての住宅分割の相談が続いています。 「離婚をするにあたって、夫婦の財産である住宅の分割を行います。住宅は自分が取得したいので、離婚相手に代償金の支払を考えています。つきましては、代償金を算定するための適切… もっと読む 離婚による財産分与 住宅の代償金分割

Share Button
収益物件, 売買, 建物鑑定, 証券化評価

証券化評価 エンジニアリングレポートについて

こんにちは、不動産鑑定士のKです。 証券化評価ブログの1回目は、エンジニアリング・レポート(略称ER)についてのお話です。   証券化評価では、ERの内容のチェックが原則必須とされています。 これは、不動産鑑定… もっと読む 証券化評価 エンジニアリングレポートについて

Share Button
マンション, 不動産鑑定, 中古住宅・既存住宅評価, 共有物分割, 売買, 建物鑑定, 役員・同族・親族・関係会社, 相続, 相続・遺産分割, 裁判、調停, 離婚財産分与

中古・既存住宅 の 鑑定

中古住宅の価格はどのように決まるのでしょうか? 住宅は、土地と建物から成っていますので、住宅地の価格と土地上の建物価格が合わさって住宅の価格となっています。 まず、住宅地の価格はどうやって決まるのでしょうか? これは多く… もっと読む 中古・既存住宅 の 鑑定

Share Button