不動産鑑定, 借地権・底地, 収益物件, 役員・同族・親族・関係会社, 賃料・地代・家賃

借地権 底地 地代 一時金 の関係 不動産鑑定

借地権とは建物所有を目的とする土地賃借権等をいいます。底地とは当該借地権が設定された場合の宅地所有権のことをいいます。借地権、底地、地代、一時金は相互に関連しており、どれか一つの価値を求めようとする場合、他全部についての… もっと読む 借地権 底地 地代 一時金 の関係 不動産鑑定

Share Button
あいき不動産鑑定・コンサルティング事業部, 不動産鑑定, 不動産鑑定士タケさんの事件簿, 借地権・底地, 収益物件, 建物鑑定, 役員・同族・親族・関係会社, 時価鑑定, 病院・老人施設

役員、法人間等 収益物件の土地だけ売買 鑑定

土地建物の両方を法人又は役員が所有、そのうち土地のみを役員個人又は法人が取得して、土地と建物の所有者が異なる状態となる売買を行う場合についてです。   この場合、土地譲渡後、土地と建物の所有者が異なることになるので、土地… もっと読む 役員、法人間等 収益物件の土地だけ売買 鑑定

Share Button
セミナー, 不動産鑑定, 収益物件

銀行融資引き上げのための不動産鑑定

銀行の不動産融資額は、路線価や公示価格等を使って計算します。 このような価格を私達は積算価格といっています。他に不動産について収益性の面に着目して求める収益価格があります。実際に不動産を売買する場合の価格(時価)は、戸建… もっと読む 銀行融資引き上げのための不動産鑑定

Share Button
不動産鑑定, 不動産鑑定士タケさんの事件簿, 収益物件, 売買, 店舗, 時価鑑定

神戸中華街(南京町) 中華料理店の不動産鑑定

三宮の商況も近年だいぶ安定している様です。色とりどりの極彩色の装飾品で飾られた神戸南京町もここのところ大変賑わっています。私の会社は南京町のすぐ側にあるのですが、一旦南京町に足を踏み入れるともみくちゃにされるので、普段は… もっと読む 神戸中華街(南京町) 中華料理店の不動産鑑定

Share Button
不動産鑑定, 収益物件, 店舗, 特殊不動産, 裁判、調停, 賃料・地代・家賃

設備一式を賃借人に譲渡した物件の賃料鑑定

大型店舗について給排水・電気・ボイラー等設備一式を賃借人に譲渡している場合の賃料への影響が論点となる鑑定依頼が結構あります。 新規賃料を求める場合については次の様に考えられます。積算賃料につきましては、基礎価格から設備費… もっと読む 設備一式を賃借人に譲渡した物件の賃料鑑定

Share Button
不動産鑑定, 不動産鑑定士タケさんの事件簿, 収益物件, 売買, 店舗, 役員・同族・親族・関係会社, 特殊不動産

ラブホテル(レジャーホテル)の鑑定

民間鑑定を専門としていますと色々な案件の鑑定依頼があります。 今回は知り合いの紹介で、ある会社の社長さんから電話がありました。 「ホテルの売却を考えているが、幾ら位なのか鑑定して欲しい」というご相談です。 ビジネスホテル… もっと読む ラブホテル(レジャーホテル)の鑑定

Share Button
不動産鑑定, 不動産鑑定士タケさんの事件簿, 収益物件, 売買, 役員・同族・親族・関係会社, 等価交換

等価交換のための不動産鑑定 大資産家の後輩A君

友人のA君から鑑定依頼がありました。 彼は40歳後半、高校の後輩でもあります。何年か前にお父さんが亡くなり、相続によって収益不動産を100棟以上持っていて、毎月何億円もの家賃が勝手に彼の口座に振り込まれてきます。不動産管… もっと読む 等価交換のための不動産鑑定 大資産家の後輩A君

Share Button
不動産鑑定, 収益物件, 建物鑑定, 役員・同族・親族・関係会社, 相続・遺産分割

建物の同族法人への移転 節税目的 鑑定

世界における 日本の法人実効税率はアメリカ40.75%に次いで第2位(平成26年度34.62%)です。中国は25.00%、韓国は24.20%、シンガポールは17.00%。このように他のアジア地域より遙かに高く、財界からは… もっと読む 建物の同族法人への移転 節税目的 鑑定

Share Button
あいき不動産鑑定・コンサルティング事業部, マンション, 不動産市場, 不動産鑑定, 収益物件, 証券化評価

神戸市 区別 築年別 一棟マンション利回り

    今日は神戸市のマンションの利回り水準についてお話したいと思います。 収益物件の評価をする上で、 最も頭を悩ますのが、 利回りをいくらに するのか・・・です。 東京で投資案件の仕事をしていた頃、 たまに地方案件の仕… もっと読む 神戸市 区別 築年別 一棟マンション利回り

Share Button
収益物件, 売買, 建物鑑定, 証券化評価

証券化評価 エンジニアリングレポートについて

こんにちは、不動産鑑定士のKです。 証券化評価ブログの1回目は、エンジニアリング・レポート(略称ER)についてのお話です。   証券化評価では、ERの内容のチェックが原則必須とされています。 これは、不動産鑑定… もっと読む 証券化評価 エンジニアリングレポートについて

Share Button